男の自信を取り戻す、頼れる勃起サプリを厳選

勃起サプリの人気成分比較ランキング

器質性ED

EDの原因は人それぞれではあるものの、身体的なことが原因で発生するEDのことを器質性EDと呼びます。精神的なものとは違い、体の中で何らかのトラブルが起きていたり、疾患が原因でEDになっているタイプです。

ここでは器質性EDについて詳しくご紹介します。

器質性EDとは

精神的な不安やストレスが原因で勃起不全になる場合とは違い、身体に何らかの原因があって勃起不全になるタイプです。病気が原因となっているものもあれば加齢が原因になっているケースも多く、中には原因が特定できないケースも含まれます。

大きく分けると血管障害、神経障害、男性ホルモンの低下が深く関わっており、それぞれ原因が違うのでチェックしてみましょう。

血管障害による原因

器質性EDの中でも特に多いのがこちらのタイプです。年をとると誰でも血管の状態が悪化しやすくなるのですが、勃起するためには血管を通してたくさんの血液を性器海綿体に送り込まなければなりません。

しかし、血管の状態が悪化して性器海綿体にたくさんの血液を送れない状態になると勃起が難しくなり、EDに繋がるケースがあるのです。

加齢の影響というと50代、60代になってからの問題のように思うかもしれませんが、30代ですでに加齢が原因で発生する血管障害に悩んでいる方もおり、40歳以降になるとその数は更に増えます。

また、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の中には動脈硬化を引き起こすものがあり、こちらも器質性EDの原因となる血管障害に繋がるので注意が必要です。

手術などが原因で血管が損傷してEDになるケースもこちらに該当します。

神経障害による原因

性的刺激を受けるとそれが末梢神経によって伝わり勃起に繋がるのですが、神経に障害があるとその興奮がうまく伝わらず、EDになることがあります。糖尿病が原因で発生する糖尿病性神経症や脳卒中、パーキンソン病などが神経障害を引き起こすことも多いです。

男性ホルモンの低下による原因

テストステロンと呼ばれる男性ホルモンが低下すると男性も更年期障害のような状態になり、その症状の一つとして勃起力不足が挙げられます。加齢だけでなく、ストレスや喫煙、飲酒の影響も大きいです。

改善方法

一般的なED治療薬で効果が期待できます。ただ、これは加齢や生活習慣に大きな原因があって器質性EDに繋がっていた場合の話です。

手術やケガが原因で血管障害が発生し、器質性EDに繋がっていた場合にはED治療薬だけでは十分な変化が得られない可能性もあります。 血管障害があったとしても軽度のものであれば治療薬で効果が期待できるので医師に相談してみましょう。

ただ、性的刺激を受けても完全に性器が反応しない場合は治療薬だけでは対応できないほど血管や神経に障害が発生している可能性もあるのです。この場合、日本では未承認となっているICI療法などの選択肢があります。

ペニスに直接製剤を届ける注射を行い、強制的に勃起させる方法です。初回は指導のために医師が行いますが、2回目以降は自己注射となります。

治療費が高価であるといったデメリットはありますが、他に選択肢がない場合はこちらの選択肢についても検討してみましょう。

まずはできるだけ手軽に試せる方法から挑戦してみたいと思っているのであれば、サプリメントを検討してみるのもおすすめです。サプリメントであれば病院に行かなくても自分で取り入れられるので、病院で行う治療は最終手段として考えておきたい…と思っている方からも人気の方法となっています。

また、自分の場合は器質性EDなのかどうかはわからず、原因が特定できていない場合はこちらもチェックしてみてくださいね。

http://www.erectile-sp.com/method_etc/bad_habit.html

自分では器質性EDだと思っていたものの実は精神的な原因だったというケースもあるかもしれません。その場合、サプリメントを取り入れるだけでも変化が期待できるので、まずは試してみてくださいね。

注目レース勃起サプリG1レース「勃ち馬記念」
増大サプリをタネウマンの
息子たちが体験比較!
長男・タネタロウがサプリ
で勃起不全解消体験記
次男・タネジロウが増大サプ
リで中折れ解消体験記
三男・タネサブロウがサプリ
で短小解消体験記