EDに悩む人におすすめの成分と勃起サプリを厳選

勃起力に役立つおすすめ成分とサプリ比較

器質性ED

ED勃起不全・勃起障害は大きく器質性EDと機能性EDに分けられています。そのうち、身体的な問題を原因として発症するEDを器質性EDと呼んでいます。このページでは、器質性EDについて詳しくご紹介します。

器質性EDとは

男性イメージ

精神疾患や不安、ストレスなどが原因で勃起不全になるのが機能性EDですが、それ以外の多くを占めるのが器質性EDです。

器質性EDの分類としては、血管性、神経性、解剖性、内分泌性の4つがあります。

さらに、血管性は動脈性と海綿体性に分けられ、双方がかかわる混合性もあります。

EDはそれぞれの分類に原因があるため、異なる原因が同時に存在すると、血管性に限らず、器質性EDと機能性EDが混合することもあります。

参考文献
『性機能障害とその治療薬』川田 望・高橋 悟

器質性EDのリスク要因

器質性EDを引き起こす原因と考えられている主なものは以下のとおりです。

  • 加齢
  • 血管障害
  • 高血圧
  • 糖尿病
  • 喫煙
  • 肥満
  • 前立腺肥大症
  • 神経疾患
  • 男性ホルモンの減少

それぞれに関連しているものが多いことが目を引きます。

血管性の器質性ED

リスク要因として大きい加齢と血管の関係によるものが血管性の器質性EDです。人間の身体は加齢によってさまざまな不具合を生じます。

血管も例外ではありません。血管性の器質性EDは、動脈硬化が進むことでリスクが高くなります。動脈硬化が進行すると血流量の低下を招き、動脈閉塞によって海綿体へ集まる血液量も不足してしまうためです。

勃起は陰茎の海綿体に血液が集まり、充満することで起こります。その血液量が陰茎の膨張に十分でなければEDの危険性が目の前にやってきます。[1]

ただ、加齢といえば高齢者を思い浮かべるかもしれませんが、動脈硬化などの血管障害は若年層でも起こりえる問題です。

そこには、生活習慣が大きく関係しています。高血圧や糖尿病、メタボリックシンドロームといった生活習慣病のかかわりも無視できません。

自分ではどうしようもない血管性のEDとして、手術で血管を損傷してしまった場合の後遺症としての血流障害などが挙げられます。[2]

参考文献
[1]『NO作動性神経と勃起障害』安屋敷和秀・戸田 昇・岡村富夫

参考文献
[2]『男性機能障害』佐々木春明他

神経性の器質性ED

脳中枢から勃起を起こさせるための指令を出しても、神経に障害があると指令がうまく伝達されないことが生じ得ます。

また、性的な刺激そのものが伝達されないことも考えられます。その結果として起きる勃起不全が、神経性の器質性EDです。

神経性の器質性EDの原因には、交通事故による脊髄神経の損傷や前立腺がんなどの外科手術中の神経損傷、脳卒中やパーキンソン病などがあります。

解剖性の器質性ED

陰茎そのものに異常があるために勃起不全を起こすといったように、解剖学的な原因で起きる器質性EDが解剖性のEDです。

内分泌性の器質性ED

内分泌性の器質性EDとは、男性ホルモンの減少によるEDを指します。

ここでいう内分泌とは、男性ホルモンであるテストステロンのことで、正常な勃起には欠かせない物質です。テストステロンが減少する主な原因は加齢だとされており、男性更年期障害との関係が大きいと言われています。

参考文献
『13.男性更年期障害(LOH症候群)』堀江重郎

改善方法

一般的なED治療薬で効果が期待できます。ただ、これは加齢や生活習慣に大きな原因があって器質性EDに繋がっていた場合の話です。

手術やケガが原因で血管障害が発生し、器質性EDに繋がっていた場合にはED治療薬だけでは十分な変化が得られない可能性もあります。

血管障害があったとしても軽度のものであれば治療薬で効果が期待できるので医師に相談してみましょう。

ただ、性的刺激を受けても完全に性器が反応しない場合は治療薬だけでは対応できないほど血管や神経に障害が発生している可能性もあるのです。

この場合、日本では未承認となっているICI療法などの選択肢があります。

ペニスに直接製剤を届ける注射を行い、強制的に勃起させる方法です。初回は指導のために医師が行いますが、2回目以降は自己注射となります。

治療費が高価であるといったデメリットはありますが、他に選択肢がない場合はこちらの選択肢についても検討してみましょう。

まずはできるだけ手軽に試せる方法から挑戦してみたいと思っているのであれば、サプリメントを検討してみるのもおすすめです。

サプリメントであれば病院に行かなくても自分で取り入れられるので、病院で行う治療は最終手段として考えておきたい…と思っている方からも人気の方法となっています。

また、自分の場合は器質性EDなのかどうかはわからず、原因が特定できていない場合はこちらもチェックしてみてくださいね。

>>【要注意】大切なムスコに悪影響を及ぼす魔の手

自分では器質性EDだと思っていたものの実は精神的な原因だったというケースもあるかもしれません。その場合、サプリメントを取り入れるだけでも変化が期待できるので、まずは試してみてくださいね。

注目レース勃起サプリG1レース「勃ち馬記念」
おすすめ勃起サプリの効果を
実体験で比較!
50代後半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
40代半ばが選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
30代前半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート