EDに悩む人におすすめの成分と勃起サプリを厳選

勃起力に役立つおすすめ成分とサプリ比較

心因性ED

心の問題で発症する心因性ED

患部

EDは、その原因によって「器質性ED」と「心因性ED」に大別できます。前者は身体的なものが原因のEDで、比較的治療に取り組みやすいといえるでしょう。

一方、後者は精神的な原因によって引き起こされるEDです。心因性EDの場合、改善が容易に進まないこともあります。ここでは心因性EDの特徴や改善方法についてご紹介します。

心因性EDの原因特定は難しい場合も

心の問題が原因となっている心因性EDでは、身体的な勃起機能そのものは正常であると考えられます。身体機能が正常であるにもかかわらず、勃起不全となってしまう点が心因性EDの厄介なところです。

身体機能に異常が見られない心因性EDでは、原因となっている精神的な問題によって脳にマイナスの働きかけがされ、性中枢が悪影響を受けることで引き起こされます。その結果、性的な刺激への反応が鈍くなり、勃起中枢が働かずにEDを発症すると考えられます。

しかし、心因性EDの原因は当然目に見えるものではないため、そのメカニズムを詳細に解明することは容易ではありません。そのため、心因性EDの場合は治療が一筋縄ではいかないことも多いのです。

※参考:「PETを用いた勃起に関する中枢神経系の解析」大阪大学大学院医学系研究科器官制御外科学(泌尿器科) 辻村晃

心因性EDの原因は人によってさまざま

心因性EDの原因としては、日常生活にありふれているストレスが大きいと考えられています。ストレスにも小さなものから大きなものまでありますが、何が影響するかは個人差が大きいです。また、一般的なストレス以外に過去の出来事がトラウマになっているなど、深層心理における問題も有力な原因とされています。

心因性EDの原因として考えられる主な事柄は、以下の通りです。

  • 仕事のストレス
  • 人間関係のストレス
  • 大事な人との死別
  • ペットロス
  • 過労などに付随する精神的な疲れ
  • 家庭環境の悪化
  • 一時的な夫婦喧嘩
  • 自信喪失
  • 将来への不安
  • 性交渉に失敗した記憶
  • 幼児期の性的体験のトラウマ
  • うつ

人によって何が心因性EDに繋がるかわからないので、これ以外にも原因となる事柄は存在するでしょう。また、性的な自信喪失など性生活と関係のある記憶が影響している場合、性交渉を持とうとする場面で常に思い出されてしまうといったケースも。このように、心因性EDは心の問題と密接に関係した根深い問題だといえるでしょう。

悪循環に陥る可能性もある

心因性EDの最も厄介な点といえるのが、改善に向かっていても逆戻りしてしまう可能性が高いことでしょう。

心因性EDの大きな原因となり得るストレスですが、同時に、心因性EDによってさらにストレスが増大されてしまうこともあります。そして、増大したストレスが心因性EDの改善を阻害するという負のスパイラルに陥ることが懸念されるのです。前述した「性交渉の場面で失敗を思い出して萎えてしまう」といったケースも、負のスパイラルに陥っている一例と考えることができます。

※参考:「ストレスを重くする心因性のED」東邦大学医療センター大森病院リプロダクションセンター(泌尿器科)ホームページ メディア掲載情報〜日刊スポーツ医療コラム記事〜永尾光一准教授

■改善方法

まず、焦りすぎないことが大切です。心因性EDの場合、原因を特定したからといってすぐに治るものではありません。治療には時間がかかることを理解し、すぐに変化が実感できなくても焦りすぎないようにしましょう。

心の問題でもあるので、リラックスした気持ちで治療に挑むことが大切になってきます。

自分1人で悩みを抱え込んでしまうとなかなか状態も良くならないので、病院で相談するのもおすすめです。ほとんどの方は心因性EDだったとしてもED治療薬を使うことにより状態は改善します。

ただ、心因性EDの場合は体の機能ではなく心に問題を抱えているタイプのEDでもあるため、ED治療薬で状態が改善したとしても、また心に問題を抱えるようなことがあれば同じ結果に繋がってしまうかもしれません。

この点を十分に理解した上で何が心の問題に繋がっているのか特定し、その問題への対策を取り入れていくことも重要になってくるでしょう。ただ、心因性EDに悩んでいる方がたくさんいることからもわかる通り、原因を特定するのは簡単なことではありません。

特に、自分自身ではストレスを全く感じていないと思っていたものの、実際にはストレスをため込んでおり、それが原因でEDになったようなケースでは治療に時間がかかります。

一つひとつ原因として疑われることを解消していきましょう。もしかしたらストレスが原因かもしれない…と感じているのであれば定期的に趣味の時間を作るなどストレスを発散するのもおすすめです。

また、気持ちを前向きにしていくことも非常に大切なので、ED対策として効果のあるサプリメントも取り入れてみましょう。

「サプリメントを飲んでいる」という気持ち自体が安心感に繋がり、心因性EDの状態を改善してくれる効果も期待できます。

もしかすると日常生活の中で自分でも気づかないうちにEDの原因を作っているかもしれないので、こちらのページも参考にしてみてくださいね。

思い当たる原因への対策をとりながらサプリメントを摂取し、長い目で見て治療に取り組みましょう。

彼女ができたときの対処法

心因性EDの方にとって、彼女ができたときの悩みは相当大きいものかもしれません。「彼女のことは好きだけど、どうにもならない」「彼女に嫌われてしまったら…」そんな風に、考えれば考えるほど、思考がネガティブに傾いて、もしかしたら彼女との別れを考えてしまうなんてこともあるかもしれません。

でも、大丈夫。 女性にとって、大切な人とのセックスは必ずしも関係性を築く上で最重要事項にあるわけではありません。セックスはあくまでも相手からの愛を確認する方法だからこそ、他の手段で愛が確認できれば、彼女があなたのことを嫌いになるなんてことはない方が多いもの。

彼女ができて、心因性EDであることを伝えるのは勇気のいることかもしれませんが、本当に彼女のことを大切に思うなら、一人で悩まずにEDであることを彼女に伝えてみましょう。 彼女にとってもあなたがセックスを求めないことに少なからず不安を感じているはずです。だからこそ、嘘偽りなくあなたの姿を彼女に見せてみましょう。

心因性EDは治療に時間がかかるものです。「セックスをしなければ」と変なプレッシャーがかかれば、治療にもさらに時間がかかってしまいます。 あなたにとって彼女が大切であるのと同じくらい、彼女にとってあなたは大切な存在です。悩みを一人で溜め込まれてしまうより、きっと正直に教えてくれた方が、彼女は嬉しいはずです。

心因性EDを相談できるところは?

心因性EDの治療は、カウンセリングを大切にする病院などで相談するのが一番です。心因性EDの治療は、PDE5阻害薬という薬による薬物療法とカウンセリングによる心理療法を並行して行うのが一般的。 専門医であれば、EDで悩む人とたくさん出会ってきているわけですから、相談して「恥ずかしい」と感じる必要はありません。

診療科は、泌尿器科、内科、専門外来などがオススメ。また、心因性だとわかっているなら、心療内科なども選択肢として考えると良いでしょう。 心因性EDは、一人で悩むよりも誰かに相談した方が心が軽くなり、EDの原因となっているストレスが軽減されることも。信頼できる先生と対面式でカウンセリングできる病院を探してみましょう。

心因性EDを本格的に治療するなら

心因性EDの本格的な治療を行う際には、どのような治療方法があるのでしょうか?一般的に心因性EDで用いられている治療方法や知っておきたいポイントをご紹介します。

カウンセリング/心理療法

心因性EDの治療の大きな柱となるのが、カウンセリングや行動療法といった心理学的アプローチです。 カウンセリングは、専門家が時間をかけて行うもので、何回にもわたって行われます。心理療法を受けたい場合には、検討している病院で専門的なカウンセリングが受けられるかを確認してみましょう。 また、心理療法を行っていない病院でも、丁寧に医師が話を聞いてくれる病院もあります。

薬物療法

心因性EDの治療において使われる薬にはPDE5阻害薬というものがあります。日本で承認されているPDE5阻害薬はバイアグラ、レビトラ、シアリスの3種。近年バイアグラはジェネリックも登場しています。 薬物療法は、身体に直接薬の作用が働きかけるだけでなく「薬を飲んでいるから大丈夫だ」という心のストレス軽減も期待されます。

サプリメントの服用は有効?

勃起不全に効くサプリメントは多く流通していますが、心因性EDの場合、サプリメントの持つ栄養素が直接ED改善につながるとは考え難いと言えます。 サプリメントはあくまでも自己治癒力を高め、ED改善を図るための補助的な役割を果たしているにすぎません。 心のストレスや不安などが原因となっているEDは、サプリメントでは根本解決しないのです。

保険適用と治療費のハナシ

ちなみに、心因性ED治療には保険が適用されません。費用面で心配だという場合には、受診前にクリニックや病院に大まかな費用を問い合わせておくと安心ですよ。

夫婦間の問題を解決するためには

心因性ED治療は、若い人でもなり得る病気です。結婚して間もない夫婦でも直面することがある心因性ED。夫婦ともなれば問題は、自分だけでなく妻の問題にもなります。

ED治療薬の製造・販売を手がける日本新薬と日本イーライリリーが共同で行った夫婦間コミュニケーションとEDに関する実態・意識調査では、EDを疑われる夫を持つ妻のうち3割以上の方が離婚を真剣に考えたことがあると回答しています。

一方で、妻の半数以上が夫にEDを「医療機関で治療してほしい」と回答。8割近くの妻が、夫のED治療へのサポートを「したい」と回答しています。 ED自体は夫婦間に深刻な影を落とすことかもしれませんが、ED治療を通じて、夫婦間でさらなる絆が生まれることもありえます。妻が夫のEDで離婚を考えるのは、コミュニケーション不足である可能性が大。

裏を返せば、しっかりと悩みを共有してコミュニケーションをとるようにすれば、夫婦間の問題も解決に向かっていくのではないでしょうか?

注目レース勃起サプリG1レース「勃ち馬記念」
おすすめ勃起サプリの効果を
実体験で比較!
50代後半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
40代半ばが選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
30代前半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート