EDに悩む人におすすめの成分と勃起サプリを厳選

勃起力に役立つおすすめ成分とサプリ比較
勃起サプリの人気成分を徹底比較HOME知らずに飲むのは危険?ED治療薬の副作用まとめ

知らずに飲むのは危険?ED治療薬の副作用まとめ

このカテゴリでは、ED治療薬の副作用について調査し、情報をまとめています。

1990年代末、バイアグラという名のED治療薬が登場した。このニュースが、勃起不全に悩む男性たちにとって、いかに大きな衝撃であったかは、想像に難くない。それ以前に即効性のある勃起薬は存在しなかったのだから…。

「これでまた思う存分セックスが楽しめる!」、「男としての自信を取り戻せる!」、「勃起不全に悩んだら、堂々と医者に相談できる」…などなど、ED治療薬の登場は、閉塞した男性の悩みに大きな風穴を開けてくれた、というわけだ。

しかしED治療薬が急速に普及していく中で、副作用の問題が取り沙汰されるようになった。特に日本では、常飲していた持病の薬とバイアグラの併用で、死亡事故が発生するという痛ましい先例が存在するため、恐怖を感じている人も少なくないはず。

本カテゴリには、代表的なED治療薬に関する以下のページを設けてみた。

勃起不全のサプリと治療薬の違い

そもそも、勃起不全の治療薬には副作用があると言われると少々ビビってしまう人もいるのではないだろうか。できることなら副作用も指摘されているバイアグラなどの治療薬を使わずに勃起不全をなんとかしたいなら、サプリメントの活用が一つの選択肢として上がってくるだろう。

勃起不全のサプリと治療薬は特徴が異なるので、ケースバイケースで自分にあったものを使いこなせるようにしたい。まずはEDに用いられるサプリと治療薬の違いを整理してみよう。

勃起不全治療薬の特徴

勃起不全治療に用いられる治療薬は、前述の通り薬によって程度の差こそあれ副作用があることが報告されている。各治療薬の具体的な副作用の詳しい症状は前項を参照してもらいたいところだが、こうした副作用の報告から言えるのは、勃起不全治療薬の大きなデメリットとして副作用の心配がある点が挙げられるだろう。

また、バイアグラを処方された患者が、バイアグラの使用を中止した理由として効果の減退も報告されている。長期的に利用する中で、薬剤耐性が出てしまうケースがある点は、治療薬を使用する際に知っておきたい事実だ。

勃起不全サプリの特徴

勃起不全に効くサプリと一言で言っても、実は種類は様々。用いられている成分もサプリによって異なる。例えば、勃起不全に良いとされるサプリには「亜鉛」「アルギニン」「トンカットアリ」「マカ」「クラチャイダム」などがあげられる。 ただし、これらのサプリはあくまでも医薬品ではないため、効果が保証されたものではない。長期的に見たときに勃起不全を体質から改善する際に用いると効果があるかもしれないというものばかりだ。

また、サプリメントの中には、バイアグラなど医薬品に用いられる成分が検出されているサプリメントも報告されている。こうした情報は、厚生労働省のサイトでも公表されているので、不安がある方はチェックしてみるといいだろう。

参考:『医薬品成分(シルデナフィル及び類似成分)が検出されたいわゆる健康食品について』厚生労働省ホームページ
http://www.mhlw.go.jp/kinkyu/diet/other/050623-1.html

勃起不全治療薬を使ったほうが良い場合もある?

一方で、実際に勃起不全治療薬を処方したクリニックや病院から報告されている治療成績や使用経験などを見てみると、患者はEDに対する治療薬に対して、効果をはっきりと感じ、概ね満足度を得ていることがわかる。

また、勃起不全治療薬は即効性のある薬である点が大きなメリット。「1回限りでもいいからセックスがしたい!」という男性にとっては大いに活用するメリットがあるといえるだろう。 次のような願いを持つ男性なら、勃起不全治療薬を用いることを検討するのもあながち悪いことではない。

  • 冥土の土産にもう1回セックスがしたい!
  • 即効性のあるED薬が欲しい!

勃起不全治療薬にはジェネリックがあるってホント?

勃起不全の治療に医師処方の薬を服用したいと思っても、値段が高いことを理由に継続的な服用を断念している人もいるかもしれない。そんなときに、ジェネリックがあると懐事情も比較的安心なのだが、果たしてジェネリックはあるのだろうか? 結論から言ってしまうと、勃起不全治療薬のジェネリックは存在する。

勃起不全治療薬のジェネリックが登場したのは、先発医薬品の特許が期間満了になったのが最近であることから、比較的最近のことだ。例えば、バイアグラのジェネリックは2014年に東和薬品から販売されるなど複数の製薬業者が取り扱っている。 ただし、ここで注意しておきたいのが、海外輸入で勃起不全治療薬のジェネリックを購入するケースだ。

海外製の勃起不全治療薬は、残念ながら偽物も少なくない。副作用などの安全性がしっかりと確認されていないため、副作用で命を落としてしまうケースもあるのだ。 勃起不全治療薬のジェネリックを購入・利用する際には、必ず製造元と安全性を確認し、偽造品でないものを選ぶようにしたい。

勃起不全治療薬が飲めない人って

勃起不全治療薬は、副作用などの影響から服用できない人もいる。それぞれの治療薬ごとに飲めない人を整理していこう。

バイアグラ

根強いファンの多いバイアグラ。もともとは、狭心症の治療目的に開発された薬だ。そのため、心臓や血管に持病を持つ人、狭心症や心不全などの人は服用できない。 また、バイアグラには血圧を下げる効果があるため、高血圧の人や低血圧の人は場合によっては服用できないケースもあるので気をつけよう。

その他、バイアグラが服用できない人としては、重度の肝機能障害や脳梗塞・脳出血・心筋梗塞などの脳血管性障害の既往歴がある人があげられる。 また、ニトログリセリンや硝酸剤型の薬を服用している人には処方できないので、医師にしっかりと服用している薬も申告しよう。

参考:『バイアグラの適正使用』ファイザー公式ウェブサイト
http://viagra-pfizer.jp/medical/use/detail.html

レビトラ

同じように、バイエル薬品が発売しているレビトラは、バイエル薬品の公式ウェブサイトでは次のような人は服用できないとされている。

  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の方
  • レビトラの成分に対してアレルギーを起こしたことがある人
  • 心血管系障害を有する人
  • 先天性QT延長患者やクラスIA、クラスⅢの抗不整脈薬を投薬中の人
  • 最近6ヶ月以内に脳梗塞・脳出血や心筋梗塞の既往歴がある人
  • 重度の肝障害がある人
  • 透析が必要な腎障害のある人
  • 低血圧もしくは管理されていない高血圧の人
  • 進行性夜盲の人

参考:『レビトラ上の処方チェックリスト』バイエル薬品公式ウェブサイト
https://ed-netclinic.com/proper_use/levitra_selfcheck.php

シアリス

日本新薬が発売しているシアリスも、バイアグラやレビトラと同様に服用できない人がいる。シアリスの服用が禁じられているのは、次のような人だ。チェックしてみよう。

  • シアリスの成分に対して過敏症の既往歴がある人
  • 硝酸剤あるいは一酸化窒素(NO)供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジル等)を投与中の人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤を投与されている人
  • 心血管系障害を有する人
  • 不安定狭心症のある人、セックス中に狭心症になったことのある人
  • 不整脈、低血圧、コントロール不良の高血圧がある人
  • 直近3か月以内に心筋梗塞の既往歴がある人
  • 直近6か月以内に脳梗塞・脳出血の既往歴がある人
  • 重度の肝障害がある人
  • 網膜色素変性症患者

参考:『シアリス錠』医薬品情報
http://www.nippon-shinyaku.co.jp/official/medicine/product/doc_cialis.pdf

■バイアグラ…
ED治療薬の元祖としても知られている成分です。高価なイメージがあるかもしれませんが近年は正式なジェネリックも登場したため、検討しやすくなっています。

しかし気になるのが副作用の問題で、血管拡張によって起きるほてりや潮紅、頭痛、CK(CPK)増加などが挙げられます。
※CK(CPK)とは筋肉や脳に存在している酵素のこと。

他には口が渇いたり消化不良になる、腹痛、鼻炎、関節痛、筋肉痛、発疹、目の充血など様々な副作用の可能性があります。まだ因果関係は明らかになっていないものの、バイアグラを服用した後に心筋梗塞を発症した報告もあるので注意が必要です。

重度の肝機能障害のある方や低血圧の方など禁忌とされている方もいます。

■レビトラ…
有効成分は塩酸バルデナフィル水和物で、水に溶けやすい性質をしています。
その他のED治療薬に比べると吸収が早く、即効性も期待できるのが特徴です。即効性があるといっても性的な刺激を受けなければ勃起作用はないため安心できるでしょう。持続時間は4~8時間となっていますが、性的な刺激がなくなれば作用が収まるのも特徴です。

バイアグラに比べると副作用も少ないため、安全性の高さを重視してレビトラを選ぶ方もいます。バイアグラの場合は食事と一緒に取り入れると効果が半減することもあり、食べるものに気を付けなければなりませんが、レビトラの場合は食事の影響を受けにくいのもメリットだといえるでしょう。

副作用としては、ほてりや頭痛が代表的ではありますが、他にもめまいや消化不良、不眠症、筋肉痛、腹痛、胃炎などが報告されています。

■シアリス…
水に溶けない性質を持ったタダラフィルという有効成分を含んでいます。即効性のあるタイプではなく、少しずつ効果が現れてそれが長時間持続するタイプの薬です。20mgタイプの場合は最長で36時間ほど作用が続くため、焦って性行為をする必要もなく、焦りが原因で勃起不全に繋がりやすい方などにも向いています。

バイアグラのように食事の影響はほとんど受けません。そのため、食べるものやタイミングに気を遣いすぎてしまい、ストレスを感じている方などでも問題なく取り入れられるでしょう。ただ、医療機関で処方してもらったとしても保険の適用にはなりません。
副作用がほとんどないことで知られていますが、まれに潮紅や筋肉痛、頭痛、鼻閉、目の充血、胃食道逆流性疾患、下痢、関節痛などを感じる方もいます。

ED治療薬には、多かれ少なかれ副作用がある。また即効性は期待できるものの、EDの根本的な解決に役立つのかどうかは、微妙なところ。

中長期的に見て、身体の内側から勃起力の改善に努めるなら、
有用な成分を配合しているサプリメントの飲用習慣をつけることがおすすめだ。

安易にED治療薬に飛びつくのではなく、さまざまな選択肢の中から、健康的にED改善へ努めていくようにしよう。

副作用のない安心・安全な勃起サプリを紹介!>>

注目レース勃起サプリG1レース「勃ち馬記念」
おすすめ勃起サプリの効果を
実体験で比較!
50代後半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
40代半ばが選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
30代前半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート