EDに悩む人におすすめの成分と勃起サプリを厳選

勃起力に役立つおすすめ成分とサプリ比較

あの食べ物で精力モリモリ

このページでは、勃起力を高める食事について調べています。

勃起力を高める食事とは

「最近、夜に自信がなくなってきた…」、そんな風に嘆く男性は、毎日の食生活を見直してみよう。

勃起力を高める成分を多く含む食材を意識的に摂取することが、状況改善の一助になるかもしれないぞ。

特に以下の成分には、要注目だ!

L-シトルリン

シトルリンは、アミノ酸の一種。 血管を拡張する作用をもたらすため、血の巡りの悪さから勃起不全に陥っている男性は、要注目の成分だ。肩こりや冷え性の改善にも役立つとされ、女性からも注目を集めているぞ。

【シトルリンを多く含む食材】

すいか、きゅうり、瓜、ゴーヤ、ズッキーニ、メロン、にんにく

L‐アルギニン

アルギニンは、アミノ酸の一種。成長ホルモンの分泌を促し、筋肉や骨格の成長、疲労回復などを促進してくれる。また血流促進効果も高いため、勃起改善には欠かせない成分と言えそうだ。

アルギニンはもともと体内にも存在しているが、加齢につれ生成量が落ちていくため、食事からも積極的に摂取する必要があるぞ。

【アルギニンを多く含む食材】

うなぎ、牛ひき肉、豚ロース、豚ゼラチン、鶏むね肉、しらす干し、かつおぶし、
伊勢海老、シャコ、クロマグロ、ごま、高野豆腐、油揚げ、
落花生、大豆、アーモンドなど

亜鉛

亜鉛は健康な身体づくりに欠かせない、重要なミネラルのひとつ。免疫力の活性化や、抗酸化効果などさまざまなうれしい効能の中には、男性ホルモンの活性化や、精子の生成促進など、男性機能に直接関わるものもある。要注目だ。

【亜鉛を多く含む食材】

牡蠣、蟹、煮干し、うなぎ、牛肉、豚レバー、ビーフジャーキー、
ごま、大豆、納豆、油揚げ、アボカド、ワカメ、昆布

 

上記以外にも血流改善効果の高いEPA・DHA(青魚に多く含まれる)、ビタミンE(うなぎなどに多く含まれる)なども積極的に摂取していきたいものだ。

ただし、そのすべてを毎日の食事の中で完全に補っていくことは、困難を極める。外食が多いという場合は、なおさらだ。

食生活に注意すると同時に、有効成分を多く含む勃起サプリの飲用習慣をつけて、身体の内側から勃起力を高めていこう。

勃起不全治療に漢方薬は有効?

勃起不全治療は、食事と合わせて漢方薬の活用が勧められたことがある人もいるのではないだろうか?いったいぜんたい、勃起不全に漢方薬は本当に有効なのか。詳しく解説してみよう。

勃起不全に使われる漢方の種類

勃起不全は古今東西男性の頭を悩ませる問題だ。だからこそなのか勃起不全に効果があると言われる漢方薬は多い。中国四千年の歴史で発見されてきた、勃起パワーを促進してくれる漢方薬には次のようなものがある。

  • 八味地黄丸(はちみじおうがん)
  • 桂枝加竜骨牡蛎湯(けいしかりゅうこつぼれいとう)
  • 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)
  • 補中益気湯(ほちゅうえつきとう)
  • 柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
  • 小建中湯(しょうけんちゅうとう)

う〜ん、なんだか効果があるようなないような。大げさな名前が多いように感じる人もいるかもしれない。こうした漢方薬は複数の生薬を配合してつくられている。漢方の本場、中国では西洋医学に基づいた病院と東洋医学に基づいた病院があるほど漢方は奥の深い世界。勃起不全にも症状に合わせてさまざまな治療のアプローチがとられているのだ。 ちなみに、八味地黄丸(はちみじおうがん)・補中益気湯(ほちゅうえつきとう)・柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)は健康保険適用で処方してもらえる漢方薬だ。覚えておくといいだろう。

タイプごとに違う漢方薬

名前だけ見ていても、なんだか効果があるような気がしてくるような、大仰な名前が多い漢方。漢方の世界では勃起不全は「陰萎」と呼ばれ、勃起不全と言っても勃起不全のタイプごとに適した漢方薬が異なる。 漢方の世界では、勃起不全は次の4つに分類される。

  • 心身症状
  • 陽虚
  • 気血痰於(きけつたんお)
  • 脾胃湿熱(ひいしつねつ)

心身症状は、ストレスなどの精神的な原因が理由から起こる勃起不全であることは想像がつくかもしれないが、他の3つのタイプは一体何のことやらわからないという御仁もいるのではないだろうか。心身症状が原因の勃起不全に対しては、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などの漢方が使われることが多い。

陽虚とは、漢方では精が不足している状態を指し、ホルモンの働きが弱っていることを示す。例えば体の成長や生殖に関わる性ホルモンの働きが弱っている状態が陽虚。陽虚には、八味地黄丸(はちみじおうがん)や桂枝加竜骨牡蛎湯(ケイシカリュウコツボレイトウ)などがいいと言われている。

また、気血痰於とは、身体的な要因が元で引き起こされる勃起不全。西洋医学で言うところの器質性EDと呼ばれるもので、怪我や動脈硬化、脊椎損傷などによる物理的な原因で勃起不全になる状態を指す。 最後に脾胃湿熱タイプの勃起不全だが、これは胃腸障害のように体内の水の循環がうまくいっていないことから引き起こされる勃起不全を指す。よって、漢方薬としては、消化器症状を改善する補中益気湯(ホチュウエッキトウ)などが用いられることが多い。

漢方薬を使うことで期待できる効果

それでは実際に、具体的によく使われる漢方薬を例に挙げながら、漢方薬を使うことで期待できる効果を見ていこう。

まずご紹介したいのが、心身症状が原因で引き起こされる勃起不全によく使われる柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)だ。 柴胡加竜骨牡蠣湯は男性不妊症に対する漢方薬としても注目されており、生死の運動率を有意に増加させる漢方薬として知られている。

参考:『柴胡加竜骨牡蠣湯、補中益気湯の単独投与における男性不妊患者の精子プロフィール改善効果の客観的評価』
http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/pdf/930020.pdf

また、精力も気力も低下する男性版更年期障害と言われている加齢男性性機能低下症(LOH症候群)に対しても柴胡加竜骨牡蠣湯はいい程の効果があると金沢大学医学部付属病院や石川県立中央病院で行われた調査で明らかになっている。

参考:『加齢男性性機能低下 (LOH) 症候群に対するアンドロゲン補充療法 (ART) と柴胡加竜骨牡蛎湯の併用効果評価』
http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/pdf/090025.pdf

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)も勃起不全によく使われる漢方薬として知られている。牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)は、生命エネルギーとしての気を蓄える腎臓の働きを助ける漢方薬だ。軽度勃起障害を持つ患者50人のうち25人を対象に、牛車腎気丸を服用させ、夜間勃起時の陰茎の太さや、硬さ、勃起の持続などを自己採点してもらった。

また、膣内挿入の試みをしてもらい、連続して2回以上成功するかどうかを調査。その結果、有効結果が得られた24人中連続して2回以上の膣内挿入に成功したのは24名中4名。陰茎の太さは最大で5.8mmの増加が見られたそうだ。

参考:『勃起障害に対する経口プロスタグランジンE製剤リマプロストと牛車腎気丸の有効性と安全性の比較評価』
http://www.jsom.or.jp/medical/ebm/er/pdf/970004.pdf

漢方薬を使って治療したほうが良い人って?

このように勃起不全に対して用いられる漢方は多くあるが、ここで覚えておきたいのが、漢方薬は即効性という点ではあまり期待ができる薬ではないという点だ。漢方薬の果たす役割は体質改善。緩やかに効果が出てくるものだ。 そのため、漢方薬を使って治療をするなら、その点を理解、納得出来る人におすすめといえるだろう。

また、漢方薬の世界では、怪我など物理的な要因で引き起こされる器質性EDに対する漢方薬はない。器質性EDの治療は、漢方以外の方法を取る必要がある。 これらの前提条件を頭に入れた上で、漢方薬を使って勃起不全の治療をした方がいい人としては、次のようなタイプが挙げられる。

  • ストレスや精神的疲労が勃起不全を引き起こしている人
  • 胃腸の不調や腎臓の不調が原因で勃起不全となっている人
  • 四肢冷感や活動性の低下などが原因の勃起不全の人
  • 複数の原因が組み合わさって勃起不全が引き起こされている人
  • 根本的な体質改善で勃起不全を治したい人
  • 副作用が心配な人

漢方薬で勃起不全治療するならどこに行けばよい?

ここまでご紹介してきた漢方薬の多くが、病院に行かなくても薬局で購入できる。保険はきかないものの、病院に行く時間がない人にはオススメといえるだろう。薬局の中には漢方を専門にした漢方薬局もある。 また、病院で治療を受けたいなら、勃起不全の治療をおこなっている泌尿器科などの専門家で漢方薬の処方を相談してみるといいだろう。

食事以外にもある!勃起力を高めるいろいろな方法を伝授だ!>>

男一人でもできる!勃起不全改善料理

勃起不全の改善につながる食事、といえば聞こえはいいが男一人で食生活を改善するなんて難しいと思っていないだろうか?これもいい機会。せっかくなら新たな趣味の一つとして、料理を覚えて勃起不全を改善してみてはどうだろうか。男の一人料理でもできる簡単な勃起不全改善料理メニューやレシピを紹介しよう。

勃起不全改善料理〜肉メニュー編〜

まずは勃起不全改善のための肉メニューレシピから紹介しよう。「肉食系」という言葉があるように、勃起力を高める栄養素として肉に含まれるアルギニンや亜鉛は勃起力改善に欠かせない栄養素だ。

ゴーヤチャンプルー

男の料理に欠かせない「炒め物」メニューとして紹介したいゴーヤチャンプルーは、血管を拡張してくれるL-シトルリンを多く含むゴーヤ、アルギニンを多く含む豚ロース、亜鉛を多く含む大豆から作られる豆腐を使った料理だ。また、卵にはビタミン群や亜鉛、アルギニンなどが含まれているので精力アップにはうってつけだ。 食材を切って炒めるだけの超絶簡単メニュー。試してみない手はない。

レバニラ炒めのアーモンド添え

亜鉛を豊富に含む豚レバーを使ったレバニラ炒めも一人分が作りやすい肉メニューだ。血行改善・疲労回復にも効果があるアリシンを豊富に含むニラやニンニクがたっぷり入っている点もオススメの理由の一つ。 極め付けにアルギニンを豊富に含むアーモンドスライスを散らせば、バリエーションに富んだ食感が楽しめる。

勃起不全改善料理〜魚メニュー編〜

毎日の肉料理は胃腸への負担が大きい。健康を考えると魚料理も欠かせない。と考えるなら、魚料理をチェックしよう。

うなぎの卵とじ丼

スーパーで売っているうなぎは、精力アップの食材として古くから親しまれてきた。それもそのはず、うなぎには勃起力をアップされるアルギニンや亜鉛が豊富に含まれている。うな重にするのは贅沢過ぎると思うなら、うなぎを卵とじ丼にして食してみよう。 卵とうなぎのハーモニーは精力アップする、しない以前に食欲をそそるメニューだ。

勃起不全改善に理想的な1週間の献立例

勃起不全を食生活から改善していこうと思ったら、長期戦の構えが必要だ。食生活は体質をも変える大切な要素。毎日の食事を考えるにあたって、参考となるよう、理想的な1週間の夕食献立例を作ってみた。

月曜日

 

主菜:豚の角煮
副菜:冷奴、茹でモロヘイヤ
汁物:ニラ玉スープ

火曜日

 

主菜:マグロとアボガドのネバネバ納豆山かけ丼
副菜:ゴーヤの浅漬け、らっきょうの酢漬け
汁物:なめこと豆腐の味噌汁

水曜日

 

主菜:秋刀魚の塩焼き
副菜:長芋とササミの梅肉サラダ、高野豆腐の煮物
汁物:油揚げとワカメの味噌汁

木曜日

 

主菜:レバニラ炒め
副菜:きゅうりの浅漬け、茹でほうれん草
汁物:なめこと油揚げの味噌汁

金曜日

 

主菜:豚しゃぶしゃぶ
副菜:ほうれん草の胡麻和え、海藻サラダ
汁物:モロヘイヤスープ

土曜日

 

主菜:カキフライ
副菜:納豆キムチのチヂミ、冷奴、きゅうりの浅漬け
汁物:わかめスープ

日曜日

主菜:ビーフシチュー
副菜:セロリときゅうりのピクルス、アボガドと生ハムのサラダ

以上のメニューに加えて、朝にはアルギニンを多く含む大豆が原料の納豆にしらす干しを添えて食べるのを習慣に。パン派なら、アボガドをスライスしてサラダにしたりトーストにのせたりして焼くのもおすすめだ。

外食が多いと勃起不全になるってホント?

勃起不全と外食、一見関係のない事柄のように思えるが、実は両者には深い関係がある。

外食で肥満になると勃起不全リスクが上昇

例えば、外食で高カロリーなものばかりを食べていれば、高血圧や糖尿病のリスクも高まる肥満になりやすくなる。この肥満、性機能障害を引き起こす原因にもなることがわかってきているのだ。 海外でも近年研究が盛んなのが、肥満によって男性ホルモンのひとつ、テストステロンが低下される現象だ。

日本の研究で肥満とテストステロンの低下に明確な関係があるかはこれからの研究が待たれるところだが、テストステロンの分泌低下をもたらす要因が、肥満にある可能性は大いにあると考えられている。 というのも、肥満で脂肪増えた脂肪細胞からレプチンと呼ばれる物質が生成され、これが精巣でテストステロンの生成を妨げている可能性があるのだ。さらに、すでに勃起不全にある人にとっては、肥満がさらに症状を悪化させる可能性も指摘されている。

甘いものの食べ過ぎもNG?!

甘いものには目がないという甘党諸君に伝えたいのが、甘いものなど糖質の摂りすぎも勃起不全のリスクを高めてしまうという事実だ。 缶コーヒーやペットボトル飲料にも大量に含まれている糖分。この糖分の過剰摂取は肥満や糖尿病の発症リスクを高め、間接的に勃起不全になる、というのは容易に想像がつくことだろう。

加えて、糖分の過剰摂取勃起不全の直接的な原因になることが研究で明らかになっている。そもそも勃起は、陰茎にある血管平滑筋が弛緩し、血液が海綿体に流れ始めることで引き起こされる。つまり、血液を海綿体に運ぶために、血管平滑筋と呼ばれる部分が緩んでくれないと勃起しないのだ。 ところが、ブドウ糖濃度が高くなると、アセチルコリンから血管平滑筋を弛緩させる反応が低下することがわかっている。

食生活を改善すれば、勃起不全は自然と良くなる?

日本性機能学会と日本泌尿器科学会が編集している『ED診療ガイドライン』によれば、勃起不全を引き起こすリスクファクターは糖尿病や肥満、高血圧、喫煙、テストステロンの低下などさまざまな要因がある。 肥満で勃起不全になっているなら、食生活だけでなく運動習慣や禁煙などを含めてトータル的に生活習慣を見直すことは、『ED診療ガイドライン』でも強く勧められている。

ただし、ここで注意しておきたいのが、勃起不全は生活習慣だけを見直せばいいというわけではないということだ。食生活をふくめ生活習慣全般を見直して勃起力を高めていってみてはいかがだろうか?

心因性の勃起不全にも食生活が関係する?

心理的な要因が勃起不全につながっている場合も、食生活は大切な改善への道の一つだ。 ストレスにより勃起不全となっているなら、食生活でもストレス耐性を上げてくれるカルシウムやビタミン、ミネラル分を豊富に含む食材を積極的に食べ、脳や神経などの中枢神経の活性化を図るといいだろう。

ここで、面白い研究をご紹介したい。1993年に発表された東京家政大学などの研究者らが行った研究『営業マンの自覚症状(ストレス)と食生活との関連』では、20〜60歳代の営業マン66人に対してストレス度合いと日常生活の食事の量、内容の関係を調べている。 研究では、自覚症状数(ストレス)が多い人に比べて、自覚症状数(ストレス)が少ない人の方が、夜食をする回数、食事の量、魚介類や野菜・果物の摂取量が多かったそうだ。

つまりは、健康的な食生活を腹八分目で食べたほうが、結果的にストレスが少なくなり、心因性の勃起不全改善にも繋げられる可能性があるということではないだろうか。たかが食生活、されど食生活。日々ストレスを感じている諸君は、まずは食生活を見直してみてはいかがだろうか。

参考:『営業マンの自覚症状(ストレス)と食生活との関連』
http://ci.nii.ac.jp/naid/130003448240

注目レース勃起サプリG1レース「勃ち馬記念」
おすすめ勃起サプリの効果を
実体験で比較!
50代後半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
40代半ばが選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート
30代前半が選んだ
勃起サプリ3選飲み比べレポート